二人で作る結婚式の意味

二人で作る結婚式の意味

二人で作る結婚式の意味

最近では、結婚しない人、結婚するけれど式や披露宴をあげない人、
親戚だけ等少人数で挙げる人、様々な婚姻の形があります。

 

結婚式と言うと一般的に披露宴がメインのイメージですよね。

 

世界的な不況の現在、そんなさなかの若いカップルが、
今までやってきたような“普通”の結婚式を挙げるのは高いハードルです。

 

大金が必要だし、親やご祝儀での援助があると言っても、
簡単にはできないものだと思います。

 

結婚準備だって大変で、手間も暇もかかります。
そんな苦労を押しててでも、結婚式を挙げたい、挙げようとするのは花嫁は新郎の夢もあるかと思いますがそれ以上に

 

親に感謝の気持ちを伝えたい。
友達や職場の人々に相手の事を紹介し、知ってもらいたい。

 

そんな気持ちが大きいからではないでしょうか。
夫婦で周りの方々にきちんと挨拶し、おもてなしする心構えを学び
結婚式という大きなイベントを二人で(みんなの力をかり、見守られながら)
作って乗り越えて、ひとつ、立派な大人の夫婦に近づけるのじゃないかなと思います。

 

やらない理由もあるけれど、やる意味は絶対にあります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ