質素でも心もこもった結婚式を

質素でも心もこもった結婚式を

質素でも心もこもった結婚式を

結婚式と披露宴をホテルや結婚式場、レストランなどに依頼しますと相当な費用がかかるものです。

 

これらの結婚式に手馴れている商業スペースを利用するには彼らの採算上からの計算になりますので多少の違いは有っても結構多額な予算が必要になるものです。

 

多額な費用をかけたからといって出席者は勿論のこと新郎新婦にとって本当に意義のある価値ある結婚式になるか疑問が残ります。

 

本来の結婚式は周囲の方々に祝福されて行なうものであって、新郎新婦が費用の為に苦労するべき性質のものでは有りません。

 

結婚式にお金をかけるなら二人の将来の為に貯蓄したり生まれてくる子どものために使うのが健全です。

 

結婚式はいつの間にか派手になってホテルや結婚式会場などの業者の利益のためのものになってしまっています。

 

身分不相応で派手に金がかかっている結婚式に参列した関係者にとっても心に響くものでも有りませんし却って批判の対象にもなります。

 

それよりも親しい関係者だけで質素に心のこもった結婚式のほうが参列者や関係車から見て健全に感じるものです。

 

事情が許すなら昔のように実家で手作りの料理で祝う結婚式に回帰することも良い方法です。
結婚式の場所はどこであっても問題では有り有りません。

 

質素でも心のこもった内容こそが本当の結婚式なのです。

 

はじめから分かっていれば参列する方々にとっても無理に着飾らないで新郎新婦の将来を心から祝うことが出来れば秋分なのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ