結婚式の場所と形式

結婚式の場所と形式

結婚式の場所と形式

間違って理解されている方が多いのですが「結婚式」は二人の婚姻を成立する為と互いの意志を誓い合って確認する儀式のためにあるもので、一般的に両家の親族や友人たちを招いて行なわれる儀式の後の「披露宴・パーティー」とは別のものです。

 

ですから結婚式だけを新郎新婦と両家の両親や兄弟だけを伴って基督教会や神社などで行うだけの結婚式もあります。

 

海外でも国や地域によって違いがありますが、どこの国でも結婚式は関係者や地域の「喜びの儀式」である点では共通しています。

 

また、どこの国や地域でも結婚式自体は両家の近い親族などでの少人数で行なって、結婚式の儀式の後の「披露宴・パーティー」は両家に近い友人や恩人、先輩などを招いて行う事が多いので人数はかなり増えることが多いようです。

 

結婚式の方法や様式には国や地域によって違いがありますが、現在の日本で一般的に行なわれている結婚式は次の様な場所で行なわれます。

 

1, 宗教が関与している結婚式
二人の家族に宗教的なこだわりがあれば宗教の種類によってキリスト教会や神道の神社、仏教寺院などで各宗教の聖職や神官、僧侶等の立ち会いで結婚宣言をします。
最近では両家の宗教観に関係なく無信仰の方でも形式としてこの形式で行うことが多いようです。

 

2, 両家の家で行なう結婚式
新郎新婦の何方かの両親の自宅か、既に新居が準備されていれば新居に神官や牧師を招いて行い、同時に関係者も招いてパーティーを行います。
昔はこの方法が一般的に行なわれておりました。

 

3, ホテルのパーティールームやウェディングホール、レストラン等の商業スペースで結婚式と披露宴を行う。
現代では、この方法が最も多く行われています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ