時代が変わっても結婚願望は同じもの

時代が変わっても結婚願望は同じもの

時代が変わっても結婚願望は同じもの

この10〜20年の世の中の変化は過去には経験したことがないほどの変化を示しています。

 

特にパソコンとインターネット及び通信衛星を使ったGPSなどが人々の生活のなかに大きく関わってきて、世界中の情報が人々の間で自由に交換される時代です。

 

男女の出会いも一昔前とは違ってインターネットの出会い系サイトやフェイスブックなどで相互の考えかたや経歴や趣味までが交換されます。

 

そこから始まって実際のお付き合いとなってケコンに至るカップルも増えています。

 

このような時代の変化に対して疑問を呈したり危険視する方々もおりますが、この動きは元には戻れないことかも知れません。

 

自動車やテレビ、携帯電話なども一度使い始めた人類は江戸時代のような行灯と紙芝居や飛脚の時代に戻ることはできませんので、時代の変化の中で上手に便利な機器の恩恵に浴して生きていくしか有りません。

 

このような時代ですから男女の結婚に対する考えかたも昔とはかなり違ってきています。

 

結婚をしない考えかたの方もおりますし子どもを作らない人たちも増えています。

 

しかし、若い時はそのような考えかたをしていた方も年齢が来ますと結婚を希望するようになるものです。

 

特に女性は妊娠できる年齢に制限が有りますので子どもの事を考えたり年老いてゆく両親のことを考えますと、やはり結婚が一番よい方法であると感じてくるようです。

 

そして結婚を決意しますと、やはり生涯の記念と思い出になるような結婚式にしたいと思うようになります。

 

結局は、時代が変わっても結婚をして子どもを得て心温まる家庭を持つことが一番の幸せを感じられるという結論になるようです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ