ハワイ島の鍾乳洞で感動の結婚式

ハワイ島の鍾乳洞で感動の結婚式

ハワイ島の鍾乳洞で感動の結婚式

私の父はハワイ島に3代に渡ってサトウキビの加工工場を営む日系ハワイアン三世です。

 

母が学生時代に友人たちとハワイのオアフ島に旅行に行った時に父がバイトでホテルのベルボーイのアシスタントでバイトしていて知り合ったそうです。

 

当時の母は英語が苦手なので日系人の父にハワイの観光案内を依頼したのがお付き合いのキッカケだそうです。

 

ハワイ島出身の父にバイトの仕事の休みの日にハワイ島巡りを案内されて父の人柄に惹かれたそうです。

 

・・・というわけで私が生まれて現在になっているのです。

 

私は両親が住んでいるハワイ島で生まれたので日系4世になりますが、大学は単身で東京に住んで勉強をして就職も東京のアメリカ系の企業で働いています。

 

不思議な運命で、この会社で知り合った男性とお付き合いしていますが彼の父親はオアフ島に住む白人のアメリカ人で母親は日本人なのです。

 

お互いに運命を感じて結婚することになり、結婚式は両親たちの住むハワイで挙げることにしました。

 

日本からは小人数の友人がハワイまで来てくれることになりました。

 

ハワイ島での結婚式にはサーストンラバ・チューブという鍾乳洞でハワイの音楽を奏でてもらってキリスト教の牧師さんに誓い宣言をしてもらいました。

 

大きな鍾乳洞に響くハワイアンのコーラスは荘厳で素晴らしいものでした。

 

夜は私たちのハワイでの友人や父の関係者も集まってくれて、ブラックサンドビーチでハワイの伝統のルアウ料理で近隣の住民たちも加わっての楽しいウェディングになりました。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ